当院では夜勤も可能な看護師さんを募集しています。

現在、夜勤と休日の日勤も可能な看護師さんを募集しています。
勤務条件、手当などの詳細につきましては当院までお問い合わせください。
ハローワークにも掲載しています。

人事担当
織田(おだ)事務長まで
連絡先:0952‐23‐5911

ブログに「夜勤も可能な看護師さんを募集している理由」を書いています。
(青字をクリックすると移動します。)

募集要項

夜勤も可能な常勤の看護師さん

仕事内容

1979年9月9日以来40年、地元で愛され続けてきた泌尿器科有床診療所です。
ほとんどの看護師さんが泌尿器科未経験者でした。
現在、看護師17名と看護助手2名(1名は看護学生)が在籍しています。

泌尿器科一般看護の他、排尿管理や慢性腎臓病保存期の指導から泌尿器がんの緩和ケアまで「泌尿器科看護のスペシャリスト」としての技術とノウハウを身につけて頂くことができます。

外来と病棟勤務で入院患者さんは通常2名~5名程度です。

手術は内視鏡手術を中心に原則週に1日の手術日で行っています。

夜間は医師が院内に待機し、手術日は夜勤看護師2名体制なので安心です。

覚えることは多いかもしれませんが、当院オリジナルの技術・手順書があります。
また不定期ですが院長による泌尿器科疾患のミニレクチャー(全職員対象、月曜日の朝礼時に5分程度で資料付き)
も行っています。

追記:
別途に看護学校(専門課程、高等課程)に通学しながら仕事をしたい看護学生さんも若干名受け入れ可能です。希望者には当院規定の奨学金制度を利用することができます。
(ただし当院での採用基準に合致した場合です。詳細は当院人事担当の織田までお問い合わせください)

診断から治療、そして必要があれば緩和ケアまで
有給休暇取得率は約80%

当院の特徴と求める看護師さん
1.泌尿器科専門の有床診療所ですが泌尿器科看護の経験がない方でも心配ありません。
2.高齢者の排尿管理はもちろんのこと、泌尿器がんの緩和ケアまで幅広く行っています。
3.膀胱機能検査、内視鏡手術(前立腺肥大症、膀胱がん、間質性膀胱炎の膀胱水圧拡張術、女性の腹圧性尿失禁手術など)、慢性腎臓病の保存期管理など泌尿器科の専門性が高い診療を行っています。
4.看護師さんにはその人の個性や自主性を尊重し、興味がある疾患や分野の看護についてはとことん勉強できるように県内外で開催される研修会や学会参加を推奨し援助しています。
5.ひとり一人の患者さんに向き合い、その患者さんに最も適した看護は何かを常に考えることが当院の看護に関する文化になっています。
6.有給休暇取得率は80.3%(令和1年度集計終了分)

院内見学制度のお知らせ

当院の入職を考えている方、入職に不安や疑問点がある方に事前の「院内見学制度」を作りました。
詳しくは「看護師募集-医院見学制度のおしらせ」をご覧ください。
(青字をクリックすると移動します)
医院の雰囲気や実際の勤務状態を見学のうえ、面接を受けるかを後日きめることができます。
疑問点など直接院長でメールでお問い合わせをいただいて構いません。